イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕間狂言:たまには真面目に一日の流れを追ってみるのも良いだろう、と思いながら書いてみる
2010年01月21日 (木) | 編集 |
友人譚第二章。


と行きたいところだったのだが、今日は授業もあり、私自身が疲れてしまったので、本日の私の流れを説明してお茶を濁すとする。友人の話はまた明日以降にでも。


今日は授業の日。朝8時過ぎに起きて、スコーンで朝食をとる。ネットで今日の授業の関連情報を集めつつ、図書館でコピーする資料などをチェック。
そして昼過ぎに寮を出る。いつもは昼食をしっかり食べるのだが、最近食べ過ぎかな、と思うようになったので(周りを見ると、私以外誰も3食食べていないような気がする)、今日の昼食はバナナだけにしてみる。案の定お腹が空いた(苦笑)。やはり無理は行けない。自分のリズムを守ることが大切なようだ。ただし、食べ過ぎは禁物。


図書館に行くと、そこでアントニー(初老のコースメート)に会う。エッセイの資料を探していた。私と同じである。どうやら誰しも同じ悩みを抱えているようだ。必要な資料をコピーして教室に向かう。ついたのは案の定私が一番だったが、徐々に人が増えて行く。全部で7人ほど。大学院の授業としては調度良い。秋は、20人強のクラスもあったからなあ(そんだけいると、まず喋る機会はない)。。。


今日の担当のサイモン教授は一旦部屋にやってきた後、「しまった、紅茶を忘れた」と部屋に紅茶を取りに帰った後、再び登場。実際問題、イギリスの教室はヒーターのせいもあってか無駄に乾燥しているので、何らかの飲み物は必須である。私も水筒に紅茶を入れて常に持ち歩いている。

2時になり、授業開始。少し前に書いたように、カーライルの評論など、結構退屈と言えるものが多かった。が、私が読んで理解していたのと、皆さんの議論とが結構ちがったので焦った。え、そういう読み方なんだ、という感じで(といっても、これはカーライルの話ではない)。本筋と違うところでようやく発言したけど、上手く言えなかったし。というか、「秘密選挙」を英語で言うのは難しいね。どう言えば良いんだ?これをSecret Votingとか言うとスカタンだから、(そういう人は「普通選挙」をOrdinary votingとか言うんだろう)論外として置いておいて、なんて言ったらいいか分からないので、とりあえずvoting which does not require people to write their names in itとか言っておいたら、一応助け舟が出た。秘密選挙のことは、英語でballotと言うらしい。彼らにとってはかなり普通の単語みたいなので焦った。いつまで経っても語彙力は足りません。意識しないと。


授業後は再び図書館で資料を集め、帰寮。6時過ぎに夕食を作る。今日はお腹がすいていた(一食ほとんど抜いてるからね)こともり、以前買っておいたFrying steak、つまりはフライ用のステーキ。薄いステーキなのですぐに焼けた。薄いようで120グラムくらいあり、かなりお腹が膨れた。

先日ようやく帰ってきたお隣のプンがひどく咳をしている。どうやら体調を崩しているらしい。明日試験だと言うことだし、お大事にしてもらいたいところだ。

夕食後は部屋に戻り、紅茶を飲みながらしばしネットの海を散策。その後、金曜日の授業で読む、テニソンのMaudを読む。30ページくらいの詩であるが、本来ならば今日書くはずだった友人譚にぴったりの話題だった(苦笑)。

しかし、今日がカーライル、金曜日がテニソン、そして来週の水曜日はスコットにディズレーリにディケンズ、と幅広いことこの上ない。


そんなところ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
まってました
やっとこさ、興味深い話題が出て来ましたね。
はやく第二章、「明日の希望」を掲載してください。
なかなか近づけなくて、遠大な計画をたてて、スムーズに行動できない、というハナシは、超身近にあるので、ほかにもそういう人がいるんだなあ、と思って読みました。
といっても、おいらじゃないよ~
遠大な計画なんて立てない人だからさ。
ではでは、続きを待ってます。
一読者より
2010/01/21(木) 07:05:41 | URL | McMaggie #-[ 編集]
Re: McMaggieさん
というわけで、第二章を書きましたよ。
「明日の希望」と言える話かどうかは知りませんが。


> なかなか近づけなくて、遠大な計画をたてて、スムーズに行動できない、というハナシは、超身近にあるので、ほかにもそういう人がいるんだなあ、と思って読みました。


ほほー。これはとても気になる話ですね。彼くらいかと思ってましたが、他にもそういう人がいるんですね。どういう話かとても気になりますが、多分守秘義務にかかわるでしょうから、とりあえず上手く行くことをお祈りしております。
2010/01/22(金) 10:10:18 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。