イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの、雪を、ナメるなーっ!!
2009年12月23日 (水) | 編集 |
日本時間ではもうすでに23日かもしれないが、こちらはまだ12月22日。
12月22日といえば、なづさんのライブ、Kaori with Legend Beat Part2の日である。
だからといって、このブログの大多数の読者にとってはどうということはないのだが、、、
流石に海外から参加することはできない(行ってたらもうスゴ過ぎ)。残念!


では本題。
タイトルで十分想像出来ると思うが、今日も銀世界

と言っても、特にあれから雪がさらに降り積もった、というわけではない(と思う)。ただ、寒すぎるため、晴れていても雪が溶けないのだ。これはなかなか京都や神戸では体験できず、面白い(あれ、昨日も書いた?)

しかし、今日近場のスーパーまで散歩がてらに行ってみたら大変だった。ともかく積もった雪が深い!ズブズブズブ、と長靴が埋まってしまう。時々段差があったりするので要注意だ。
流石に大きな道路に行くと、車がゆったりと走ったりしていたが、やはりかなり雪は残っている。前も行ったが、イギリス人はあまりこの手の雪に慣れていないらしく、雪が積もったからと言って特に対策を取っている様子がない。必然的に積もったら積もったままなわけで、自然に消えるのを待つしかない。雪国では考えにくい話だが、まあ私も雪対策の方法など知らないのでなんともいえないけど。

ただ、今日は二つばかり雪の威力を感じさせられた。

(1)Rの会合がキャンセルに
 明日の早朝、Rの会合に招待されていた。クリスマス直前ということで、牧師さんが来てお話をしてくれる、ということだった。また、食べ物も(おそらく)クリスマス仕様ということで、それなりに面白そうだ、と思っていたのだが、今日の昼、イアンからメールが来て、案の定キャンセルになったらしい。まあ車がほとんど通れなかったりする場所もあるし、もしまた夜中に雪が降ったらまず間違いなく車は走れなくなるので(何せ会合は早朝である)、どうにもならない。キャンセルは当然だろう。しかし、雪で何かが中止になる、というのは初めてだ。明日の夜のディナーは大丈夫だろうか。。。

そして、もう一つ。







(2)手紙が来ない
 1週間強前に手紙を出したと言う実家からのモノを含め、一通も手紙類が来ない。レターボックスを見てみると、どうも数日前と状況が変わっていないように思える。ひょっとすると、雪のせいで遅れているのではなかろうか?これは致命的だ。なぜなら、明日の午前中で、オフィスは閉まってしまうからだ。そうなると、来年の1月4日まで、受け取ることができない。これは痛い。この分だと、












「新年にメリークリスマス!」










とかなりかねない。まあそれはそれで良いけれど。しかし、オフィスももう少し早く、窓口が閉まる期間を知らせていてくれたら良かったのになあ。。。

なお、私が日本に送ったカードが一通届いた、という連絡があった。多分、ここ数日のうちに皆様のお手元に届くであろう(もっとも、日本は明日が祝日なので、今日受け取れなかった方は最短で24日になってしまうが)。もし宜しければ、無事に届いた方は、コメント等でご一報いただけると幸いである。


ちなみに今日は、それ以外の時間はギャスケルについての論文を読んで過ごした。色々使えるネタはあったが、未だにエッセイの書き出しと結論がうまく行かないので、大いに困る。特に後者は何とかしないと。。。



タイトルは、アニメ『鋼の錬金術師Fullmetal Alchemist』第一話より、ロイ・マスタングのセリフ、「私の、炎を、ナメるなー!」。雨の日は「無能」だそうです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。