イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のイ者
2009年09月02日 (水) | 編集 |
海外で生活するに当たり、最も心配なこととはなんだろうか?

言葉。治安。食べ物。。。

こういうことを考えていくと、枚挙に暇がない。

しかし、その中でも最も重要かつ心配な点というのは、


「健康」


であろう。これは先ほど挙げたほかの重要事項とも重なってくる。

まず海外は気候や食べ物が違う。そのため、これらの要因の変化によって、体調を崩す可能性は高い。
しかし、そういった場合に医者にかかろうにも、言葉が違う。果たして正確に今の自分の病状を伝えられるであろうか?また、仮にうまく伝えられ、向こうで薬を処方されたとして、今度は薬が違う。その薬が果たして自分に合うだろうか?中には日本では輸入が禁止されているような薬もあるだろう。そういうものを処方された場合、知らずに飲んで、何か副作用を起こしたらどうしよう?

このように、考えていくといくらでも健康にまつわる不安は沸いてくる。

そんな不安を一定量減らすために、今日は地元のかかりつけのお医者さんに行って、いつも飲んでいる風邪薬などをもらってきた。

くすり


個人情報の観点から、名前は消してみた。
見てのとおり、抗生物質、消炎剤、腹痛止め、胃腸薬、などなど、基本的なところは抑えておいた。

当然、こうしておけば病気にならない、あるいは、病気になっても大丈夫、ということでは決してない。

しかし、やはりこういった見慣れた薬が手元にある、という事実のもたらす、精神的な安定作用は計り知れないものがあるだろう。未知の世界に乗り込んでいくためには、このような既知のアイテムが不可避なのである。

ちなみに、当初はタミフルを持参する予定で、実際Rから支給される予定だった。しかし、昨今の事情(インフルエンザの質の変化)に加え、Rに所属する医者3名が3名とも、「今の状況下では、下手に持っていかないほうが良い」と言ったため、これは見送ることになった。確かに下手に手元にあると、不安なときについ飲んでしまうのは間違いなかろう。しかし、知ってのとおりあの薬の副作用については、まだ全容が分かりきっていない。危険な薬であることには代わりがなく、今の段階では、もって行くリスクのほうが高い、ということなのだろう。なるほど、劇薬であればこそ、「持たない勇気」も必要、ということか。

何はともあれ、これで日本でお医者さんに行くのは最後となった。。。というか出発まであと少しだし、これ以降は帰ってくるまではお世話になりたくないと思う今日この頃である。


PS:ところで「イ者」っていう漢字はあるんだろうか?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
薬は大事です!
初コメント失礼いたします。ブログ新設、おめでとうございます。とても読みやすくて綺麗ですね。

薬の件は、私も最も気に掛けたことです。私は胃酸過多なので、常用している胃薬を、医者に大量に出してもらいました。それだけで、結構トランクの場所を占めています。あと、99%要らないのですが、薬の量が量だけに、医者に英文証明書を出してもらいました。Nabeさんの(写真の)お薬の量なら全く問題ないのですが。

このような準備をしたとはいえ、入国でいらぬトラブルは避けたいので、ヒースロー空港(審査が厳しい!)には行かずに、アムステルダム経由でグラスゴー空港に直接入る便を選びました。

お互い、もうすぐですね。体調を万全にして臨みたいですね。
2009/09/02(水) 09:25:20 | URL | Little Nell #-[ 編集]
Re: 薬は大事です!
コメントありがとうございます。見やすいといっていただけて幸いです。何しろブログを作るに当たり、ブログの本まで買ってしまいましたから(笑)。凝り性の人はお金がかかります。

それはさておき、やはりお薬は大切ですよね。僕もお医者さんに貰ったものとは別に、頭痛薬と胃薬は別途用意しました。ただ後者は散剤なので、税関で引っかからないか心配です。説明は出来ると思いますが、、、

それにしても、ヒースローを使わなくてすむ、というのは素晴らしいですね。僕の場合はあそこが最短ルートなので。。。ちなみにアムステルダム、ということは、KLMでしょうか。僕はルフトハンザにしたのですが、先日日記にも書いたように、機内持ち込み荷物のサイズの小ささに苦戦してます。。。


2009/09/02(水) 12:14:07 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
「偖」ならあるみたいだ。
音はシャ、意読で「さて(by the way的な)」だそうな。

タミフルは、そうだね、やめといたほうがいいね…。
2009/09/02(水) 15:33:01 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: タイトルなし
> 「偖」ならあるみたいだ。
> 音はシャ、意読で「さて(by the way的な)」だそうな。

へー。やっぱりあるんだ。あるような気はしてたけど、面倒なので調べてなかった。情報提供さんくす。意味はともかく、音はそのまんまだね。
しかしこのタイトル設定は苦労したよ。最終的に昨日医者に行くと決める段階でこれと決めたけど。出発日はアレで確定なんだが、あとは自分で始めといて結構試行錯誤(苦笑)。
2009/09/03(木) 00:21:51 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
Re:Re: 薬は大事です!
そうです、KLMです。持ち込み荷物は特別厳しくないようですが、機内が異常に寒いという噂(by 父母)、また乗り継ぎで6時間近くアムステルダム空港で待たされるので、ジャンパーと文庫本を持っていこうと思います。

ちなみに、I先生はルフトハンザがお気に入りです。H先生はエールフランスだそうです(なんか、イメージに合いますね)。
2009/09/03(木) 14:08:55 | URL | Little Nell #-[ 編集]
Re: Re:Re: 薬は大事です!
なるほど、寒いんですか。これは意外でした。昨年父は確かKLMで行ったと思いますが、温度については聞いてませんでした。異常に、というくらいですから、よっぽどなんでしょうね。
ちなみに飛行機の評判は僕もいろいろ調べましたが、ブリティッシュエアウェイズがさすがに英国らしく、評判悪かったです(笑、なんか入るなりすでにごみが落ちていた、とか)。

最近H先生はフランスがお気に入りらしいですよ。うろ覚えですが、向こうのある先生に、セーヌ川の橋の上(?)で一緒にダンスを踊ろう、というようなことを持ちかけられているそうです。見たい。。。
2009/09/03(木) 15:31:49 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。