イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配達された三通の手紙
2009年11月27日 (金) | 編集 |
タイトルはもちろん、一週間前の日記に対応している。


それはさておき、今日も前座を二つ。

まずは一つ目。
昨日、今日の朝から夕方まで、電気が止まります、という話を書いた。
そして実際、9時3分ぐらいに本当に電気が止まり、何も出来ない状態になってしまった。とはいえ、今日はかなり外が晴れていたため、カーテンを開ければ十分に光が入ってくる。これなら本が読めるな、と思い、部屋で次の課題図書、いよいよやってきました真打が、という感じの、


On the Origin of Species(Charles Darwin)


を読んでいた。今日から読み出して、しかも明日以降も用事が入っているのに、月曜日までに読めるのか、という素朴な疑問はさておき、ともかく読み出してみた。が、なんだこの異様なまでに眠りを誘う展開は。結局11時ごろにダウン。早くも昼寝する羽目になってしまった。

目が覚めたのは11時40分。そこから大学に出かけたが、その時点ではいまだ復旧せず。しかし4時過ぎに帰宅すると、流石に電気は完全復旧していた。やれやれ、助かった。ちなみに懸案のアイスクリームもちゃんと食べられる状態だった。プンによると、12時過ぎにはもう既に復旧していたとか。やれやれ、もう少し部屋を出るのを遅らせていても良かったなあ。。。

ところが、である。
つい先ほど、また寮のオフィスからメールが送られてきた。以下、その内容。


We require access to your room tomorrow Friday 27 November between 12 - 4pm to upgrade the electrical supply. There will be no power during this period.



おいっ!!


まあ先ほどプンに、「明日ASDAに行きたいから、一緒に来て案内してくれないか」、と言われたし、午後は出かけるとしよう。



気を取り直して二つ目。
あー、ミコーバーさんも海外にいながら、色々な活動をしているんだなあ、と思わされるひとコマがこちら。


http://ameblo.jp/ishikawaemi/entry-10396632134.html


先日送ったファンレター2通のうちの一つ。
なお、イギリスまで来て何してるんだろう、という突っ込みは一切無しで(苦笑)。

なお、もうすぐクリスマスシーズン。今年はいつも送っている日本の皆様に年賀状を送れないので、必然的にクリスマスカードで代用することになるだろう。
(超個人的なお話。毎年聞いてるけど、年末にはiは実家帰るよね???)


さて本題の今日の動き。
今日は11時40分に寮の部屋を出たあと、Greggsで1.85ポンドのサンドイッチを購入。その足で大学に行き、今度はStudent Unionの中にあるオフィスで、20ポンドをコインと10ポンド札に両替してもらう。マシンが使えると楽なのだが、なんとここ1ヶ月ほど、Out of order、つまり故障中なのだ。大学に1台しかない両替機が1ヶ月も故障した状態のまま、というところに、極めてイギリスらしい何かを感じずにはおれない。

その両替したお金を使って今度は別の学内カフェに行き、Twiningsのアールグレイを注文。これが0.85ポンド(85ペニー)。いろんな場所で食べ物を買っていることから分かるように、こうやって買う場所を別々にしたほうが、安く済むのである(ここ3ヶ月で分かったこと)。

これらで昼食を済ませた後、1時からの特別講演を聴きに行く。が、目的の部屋、127号室が分からない。理由は全く分からないが、私が今日行ったフロアは、どういうわけか部屋に部屋番号が書いていない!!必然的に、どの部屋がどの部屋なのか、全く分からないのだ。最終的には何とかたどり着けたが、いやはや、どうにかしてほしい。

テーマはジョン・ダンとベン・ジョンソン。全くの専門外。そして、予想通りあんまり分からなかった(おい)。まあ視野を広げる意味で全部講演は聞きに来ているので、これはこれで仕方ない。

そのあとはR関係で、地元の小学校のようなところに行く。ここの校長先生と、この学校の仕組みおよびイギリスの教育制度について説明を受ける。あわせて、こちらから日本の教育システムについても説明。後日、ここでスピーチをしたり、何か活動をしたりすることになりそうだ。良いアイディアをお持ちの方、アドバイスをお待ちしております(現在考えているのは、着物を着て日本文化を紹介する、というもの。他の可能性としては、折り紙、というのがある)。


ところで、今日はこの前と比べてだいぶ寒さを感じたので、今日は寒いですね、とその学校の校長先生(R会員)に言ってみたのだが、


「今日はいつものの温度だよ」


と言われた。まだ冬でもないらしい(笑)。さすがイギリスだ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いよいよイギリスの冬がやってきましたね~。グラスゴーは来週明けに最高気温3度の日があるとの予報で、今からびくびくしています。

寮の点検の手際の悪さといい、イギリス人の要領の悪さ、そしてそれを気にも留めないところ、流石(?)ですね。

ちなみに、Nabeさんのお手紙の話、もし私に置き換えたら、日馬富士にファンレターを送ったらブログで紹介された♪みたいな状況でしょうか?だとしたら、感激ですね☆
2009/11/27(金) 00:07:13 | URL | Little Nell #-[ 編集]
日本文化・・・ですか。
「アニメからみる日本文化の側面について」などを、
Nabeさんなら何か語れるのではないですか?

手塚治虫や赤塚不二夫は教育書を数冊出しているようですし、ドラえもんなども近未来の日本を想定して描かれているので、面白いのではないかと思います。

あとは、「日本教育におけるゲームの役割」なども、
Wiiなどゲームに詳しいNabeさんなら面白く語れるのではないでしょうか。

ただ、その結果日本文化が安くみられても嫌ですが(苦笑)。

折り紙は、簡単に見せることができる日本文化の象徴でいいですねv

私は、先日本屋で
「折り紙で広がる化学の世界」
という本を見つけて、ヒトメボレして急遽購入してしまいましたが、
いまだ、最終目標のタバコモザイクウィルスやエイズウィルスの折り紙が完成しませんv-40

せいぜいメタン分子程度しか折れませんが、頑張りたいと思いますv-91
2009/11/27(金) 08:43:45 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: Little Nellさん
これは流石の寒さですね。
昨日は「イギリスのいつもの秋の陽気」だと言うのに、キッチンがやたら寒く感じたため、パーカーの下にセーターを、ズボンの下にもう一枚ズボンをはいて過ごしました。これからさらに寒くなるとどうなるのか、興味と不安はつきません。

そうですね。お手紙のお話ですが、えみさんの場合は役者の卵ですので、名塚さん(もう一つのファンレター宛先)とは違い、まだ一般人に近い存在なんですよね。なので、相撲に喩えるとすれば、もう引退してしまいましたが、高砂部屋の一ノ矢にファンレターを出したらブログで紹介された、という感じでしょうか(マニアックの比喩ですが、お分かりいただけるでしょう、笑)。ほんと、役者の世界も食べていくのが大変みたいですよ。
2009/11/27(金) 09:27:25 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
Re: nimuさん
メタン分子が折り紙で折れる、っていうのは素敵ですね♪(どんな形か分からないし、また説明するのが大変そうですが、笑)。しかしそんな面白い本があるとは。。。僕は鶴の折り方すら忘れているので、ネットなどを使って研究しなくては、と思っております。

nimuさんのお話を聞いていて、以前学会で会った外国人の先生が、熱心に「日本人は日本文化を紹介する、というと、いつも金閣寺とか茶道とか、昔の話になり、アニメや秋葉原など、現代の文化を紹介しようとしない」と(日本語で)熱く語っていたのを思い出しました。
2009/11/27(金) 09:30:35 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
年末年始は今年も帰りますよー。
そちらの寮の住所も、メールかmixiのメッセででも教えてもらえると幸い。
2009/11/29(日) 08:24:43 | URL | i #JalddpaA[ 編集]
Re: i
了解。何かの方法で、近々住所連絡する。
ちなみに結構分かりやすい住所。
2009/11/30(月) 23:26:27 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。