イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定内(仮)
2009年11月24日 (火) | 編集 |
今週はいつも以上に忙しいのだが、今日書いておかないと意味がないので書いておく。

この日記をずーっと読んでくださっているありがたい方々は、私がかつて次のような日記を書いていたのを覚えておられるだろうか。


タイトル「反対する理由はない、やりたまえ」


内容は、アニメーション神戸の大賞として、アニメ『けいおん』の主題歌「Don't Say Lazy」が選ばれた、というお話。それにかこつけて、以前K大の生協を歩いていたら、学生が口ずさんでいた、というようなお話を書いた。この日記の締めくくりに、次のような一文があったことを覚えている人は、まずいないだろう。

(以下、引用)
なお、この歌の爆発的なヒットに加えて、今年は声優の水樹奈々のアルバム「Ultimate Diamond」が、声優としては初めてオリコン1位を記録するなど、業界はかなり盛り上がった(何故か私も気がついたら売り上げに貢献していた)。

数年前に、中川翔子ら三名が、秋葉原代表として紅白歌合戦に出場したのは記憶に新しい。その時は、リア・ディソンの歌がひどかったのでイマイチ盛り上がらなかったと個人的には認識しているが、今年はこの余勢を買って、業界から紅白出場、ということがあるかもしれない。

今年は(少なくとも生では)見れないであろう紅白の、個人的注目点はここである。。





で、書いた本人が忘れそうになっているこの時期に、こういうニュースが出てきた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091123-00000504-sanspo-ent
『水樹奈々、初出場に大興奮「紅白は究極の目標の場所」』
(11月23日17時49分配信 サンケイスポーツ)
 23日、大みそかの「第60回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が東京・渋谷の同局で発表され、紅白初出場の水樹奈々(29)は、23日にNHK放送センターで行われた記者会見で「紅白は毎年、家族そろって見ている番組で、私にとって夢のステージで究極の目標の場所でした」と喜びを爆発させた。

 水樹は「本当に小さいころから歌うことが大好きでした。両親が歌謡教室を開いていたこともあって、ずっと演歌を歌っていまして、そのころから紅白は毎年、家族そろって見ている番組で、私にとって夢のステージで究極の目標の場所でした。そこに立てるなんて本当にうれしく思います。全力、全開で力強く歌わせていただきたいと思います」と目を輝かせた。

 さらに「夢みたいで、心臓がバクバクしています。ふだんは声優としてアニメーションの世界を中心に活動をさせていただいているんですけども、このような大きなチャンスをくださったNHKの皆様に本当に感謝したいです。あと、これまで支えてくださったファンの皆さん、スタッフの皆さんに本当にありがとうという気持ちでいっぱいです」と「感謝」の気持ちを胸に歌うことを誓った。




というわけで、これ以上ないくらいの予想通りの展開である。
前も書いたように、ここのところやたらと曲を出しまくっているし、今年はオリコン1位にも輝いたし、新曲『夢幻』(むげん)は、(母に)聞くところでは、「これでもかっ!」というくらい新聞広告が出ているらしいし、タイミング的にそろそろだろうと思っていたが、やっぱりだった。

当然といえば当然なので、個人的に特に言うことはないのだが、ただ、NHKがイロモノ扱いせず、普通に扱ってくれることを祈るのみである。

まあ歌そのものは全く心配ないですよ。引用部分で赤字にした部分とも関連するけど、紅白で『夢幻』歌うにしても、『深愛』を歌うにしても、どっちにしても(タイトルからして)演歌ですから(笑、だが、この人の場合はそれがいい、多分)。数年前、某リアディゾンが出場して、多くの視聴者が、「なんであんな声が出ない人が出てるの?」って思ったのの繰り返しにはなりませんから。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
らじゃ~。
生徒の一人が隠れオタクなので、さっそく水樹奈々が紅白出るよ、って教えることにしますv

たしか、彼女も「けいおん」「けいおん」って騒いでいたので、言えばわかるでしょう。
2009/11/25(水) 11:48:58 | URL | nimu #Ybw1CIdM[ 編集]
Re: nimuさん
水樹奈々と「けいおん」は、実はま~ったく関係なのですが、でも、アニメが好きな方であれば、きっとご理解いただけるでしょう(というか、間違いなく既に知っておられることでしょう)。女の子ということで、ほー、「けいおん」は女性ファンもいたんですね。見たこと自体はなくて全然知らないのですが、タイプ的に男性ファンが多いというイメージなので、たまたま近くにいた「けいおん」のファンの方が女性と聞いて多少驚いております。
2009/11/25(水) 20:15:24 | URL | Micawber(ミコーバー) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。