イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
20170228:4割は伊達ではないのです!
2017年02月28日 (火) | 編集 |
2月28日。

火曜日にして、2月最後の日である。

今日はいろいろとあったのだが、やはりこの件について触れないわけにはいくまい。
というのは、夜に地上波でも放送された、WBC日本代表の強化試合、台湾選抜との試合である。

いやあ、面白かった。

試合が、ではない。
日本人選手の活躍、でもない(菊池、筒香、宮西以外の日本人は実質的に活躍していないに等しいのだから)。

台湾選抜の3番打者の打棒である。

王選手という、名前からして「ムム!」と唸らせるこの選手。何がすごいかというと、昨シーズン台湾のプロ野球で残した数字がすごいのだ。
以下、今日の放送を見ながら知った情報を載せてみると、

打率.414
本塁打29本
打点105
盗塁24
安打200


ちなみに台湾のプロリーグは120試合制を導入しているそうなので、日本プロ野球よりも少ない試合数で200本安打を達成したということになる。
安打数、本塁打数、打点数、どれもすごいが、やはり何よりも目を引くのが、4割を超えるそのすごい打率であろう。


人によっては、



「いやいや、台湾での数字だから」



という人もいるかもしれない。

なるほど、それは事実である。しかし同時に、それでもこの数字は馬鹿に出来ないものを示している。

国、時代に関係なく、似たような環境下で似たような選手たちがプレーをしているのが、プロ野球の世界である。そのような中で、これだけすごい数字を出したということは、この選手が台湾球界でも稀有な傑出した能力の持ち主であることは疑いようがないのである。



実際、この日の試合でも見るものを魅了するプレーを見せてくれた。

第一打席はボールをよく見たうえで、ボール気味のフォークボールをうまくバットで拾ってライトライナー。ライト平田の好守備でダブルプレーにこそなったが、打球はヒット性だった。

第二打席は、ファーストストラークとなる甘いスライダーをフルスイングし、広いヤフオクドームのセンターバックスクリーンに叩き込んだ。その力強いスイングは、日本代表の多くの打者たちに弟子入りさせてやりたいくらい、ほれぼれする振りだった。例えて言うなら、元気な時の柳田、あるいはオリックスの吉田といったところか。

第三打席はアンダースローの牧田のシンカーをしっかりと捉えてレフトへのライナーのヒット。

これ以降の打席もその恐ろしい打棒を見せつけてくれたわけだが、ここまでの打撃内容も素晴らしい。
何より、ライト、センター、レフトと、ボールと相手に応じてしっかりと打ち分けているところが心憎い。これだけで打率4割、という数字に信ぴょう性が出てくる。そして、前述の鋭いスイング。HRもそうだが、牧田のシンカーを打った打撃は、左打者が右のサイド・アンダースロー投手を攻略する際のお手本として教科書に乗るような、そんな素晴らしいバッティングだった。日本代表の三番打者坂本が、いつまでも冬眠から冷めないくまのような鈍くしょぼいスイングを繰り返していたのとは対照的。このようなすごい打者が、台湾球界を取り巻くお家事情でWBCの台湾代表ではないというのだから、まったく、本当の敵は外ではなく内にいる、とはよく言ったものだ。


それにしても、繰り返すがこの王選手、久々に面白い選手を見た感じだ。やはり4割という数字はインパクトが強い。今すぐにでも日本球界に欲しい人材だ。
スポンサーサイト