イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170131:次の近い目標なのです!
2017年01月31日 (火) | 編集 |
1月31日。


月末である。


気がついたら、もう1月も終わり。
新年が明けたと思ったら、あっという間に1ヶ月が経過していた寸法である。
この間に、私はどれくらいのことができただろうか?以下、思いつくままに列挙してみる。

・学生の口頭諮問を無事終える。
・後期の成績をつけて提出する。
・某監督業務をこなす。
・時間割会議を終える。
・学内で論文集を出す。
・共著の本が出版の運びとなる。
・別の共著の本で扱うキプリングの小説を読む。
・新しい論文用の資料を集める。
・日本人の論文に高速で目を通す。
・ハガレンをニコ生で全話見直す。


うーむ、こうしてみるとなんともはや、、、

意外といろいろなことができているように見えるかもしれないが、たとえば5つめの「論文集」なんて、執筆自体は昨年の9月に終わっていたし、6番目の共著の本にしても、執筆や校正作業は昨年の段階で終わっていたので、今回「出る運びとなる」という変化が訪れただけである。となると、実質的に「今月の収穫」と呼べそうなのは、キプリングを読んだのと、資料集め、くらいだろうか。すでに1ヶ月が終わろうとしているのに、これではいかん。


誰が言ったか知らないが、「1月はいく、2月は逃げる、3月は去る」、のことわざ通り、この季節は時間の経過が早い。気づいたら何もできずに終わっていた、などと言うこともたびたびある。ともかく気持ちをしっかり持って過ごさねばならん。というわけで、有意義な2月を過ごすためにも、この1ヶ月ほどの目安となる目標を立てておきたい。
ずばり、



3月締め切りの学内の紀要論文を投稿する



元々、「この号に論文を出せるかな?」と少し思っていたが、何しろ締め切りまであと1ヶ月半ほどと言うこともあり、若干気持ちが揺らいでいた。が、今回こうして1ヶ月を振り返ってみたところ、もう少しいろいろできたのではないか、という後悔の念がわきおこってきたので、あえてこういう目標を立てて気持ちを奮い起こしたいと思う。


あ、でもその前に、体調を万全にしなければ。。。

とにもかくにも鼻水がつらすぎる今日この頃。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。