イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
相猫 Season14 最終回
2012年11月12日 (月) | 編集 |

相猫Season14 最終回

ルリ「ミコーバーさん、ミコーバーさん、いよいよ新しい相棒が始まりましたよ。」


ミコーバー「おや、ルリ君、やけに古い話題ですね。もうドラマの開始から一ヶ月も経ってますよ。」


ルリ「ま、、、まあ仕方ないじゃないですか。いろいろあったんだし。ともかく、相棒ですよ。新しい相棒ですよ。」


ミコーバー「そうですねえ、新しい相棒ですねえ。」


ルリ「今回から、成宮なんとか(名前忘れた)が演じる若手刑事の甲斐透、通称『カイト』君が新相棒として登場ですよ。年上のおねーさんまで恋人役で登場して、なんか亀山君の時代を彷彿とさせるじゃないですか!」


ミコーバー「そうですね、確かに亀山君の頃を思わせる人選ですよね。ミッチーは良いキャラでしたが、少し右京とかぶるところがあって、そのせいか後半は『冷静な激情家』という若干矛盾したキャラになってましたからね。そこからいくと、この甲斐君はストレートで分かりやすいキャラです。」


ルリ「結構はまってますよね」


ミコーバー「ええ。第1話を見た感じだと、話が面白いかどうかはおいておくとしても、甲斐君のキャラは成宮君にぴったりで、よくあってる感じがしましたね。」


ルリ「なんだか、ずーっと前からこのキャラを演じてたような感じもしますよね。」


ミコーバー「まさにその通りです。」


ルリ「そして、岸部一徳亡き後(註:別に彼が死んだのではなく、彼演じる小野田が死んだのである.念のため)、不在だった重鎮的かつ敵か味方か微妙きわまりないキャラとして、石坂浩二が起用されてるじゃないですか!あれも凄いですよね。」


ミコーバー「ええ。あれはなかなか見事ですね。彼のおかげで、ドラマがピッと締まる感じがします。やっぱり『重い』人がいないと、迫力に欠けますよね。」


ルリ「東教授(註:白い巨塔で石坂が演じたキャラ)もそうでしたけど、良い人なのか悪い人なのか、腹の底が見えないキャラ、というのは、石坂さんにぴったりですよね。」


ミコーバー「その通りです。今は特命と結構親密な仲に見えますが、さて、これからどうなりますか、、、要注目ですね。」


ルリ「そういえば、今回の相棒は明らかに「親子」、いわゆる「父と子」と書いて「おやこ」と読む、というテーマを追求してますよね。」



ミコーバー「ええ。朝日新聞の番組紹介にも書いてありましたが、明らかに杉下のカイト君を見つめる視線は、父親のそれです。そして、石坂演じるキャラが彼の実の父親であることを考えれば、二人の父親の間で揺れ、成長する若者を描く、という感じでしょうか。」



ルリ「うーん、そう言っちゃうと思いっきりベタですけど、それをどういう風に調理してくるか、今後に注目、ということですね。」


ミコーバー「ええ、その通りです。ところで相棒と言えば、我々もコンビを組んで、結構なりますね。」


ルリ「ええ、そうですね。今年で何年かなあ、、、14年だと思います。」



ミコーバー「なるほど。気づけばエヴァに乗れるくらい、コンビを組んできたわけですね。」


ルリ「そうです。って言っても、まあ乗りたくないですけど。」


ミコーバー「僕もその点、同意見です。ともかく、今後もよろしくお願いしますよ。」





ルリ「。。。そのことなんですけどね、ミコーバーさん。言いにくいんですが、俺、今回でミコーバーさんと一緒に活躍するのは、最後になると思うんです。」



ミコーバー「。。。そうですか。もう決めたのですね。」


ルリ「ええ。亀山君と同じで、そろそろかなあ、と思って。」



ミコーバー「なるほど。君が決めたのなら、僕としても止めようはありません。」


ルリ「すいません、わがまま言って。」


ミコーバー「いえ、仕方のないことです。で、これからどうするんですか?」


ルリ「実は、やりたいことがあるんです。


ミコーバー「ほぅ、やりたいこと。なんでしょう?」


ルリ「桜ちゃんに会いに行ってやりたいなって。」



ミコーバー「。。。」


ルリ「ほら、あれから2年でしょう。さすがに寂しがっているだろうな、と思って。なんといっても毎年夏に顔を合わせていた仲ですから。」



ミコーバー「。。。そう、、、ですか。。。」



ルリ「ええ。それに、そろそろ疲れてきたし。本当に、急にすいません。」


ミコーバー「ルリ君、、、向こうに行っても、どうぞお元気で。」


ルリ「はい。ミコーバーさんも体に気をつけて、がんばって下さい。」




・・・・・・・・・・



鋭い方は、いや、鋭くない方でも、このブログの定期的な読者であれば、この記事がいったい何を表すものなのかは、即座におわかりのことであろう。


先週の火曜日、相猫のルリさんがわずか14歳でその生涯の幕を閉じた
知らぬうちに腎臓を悪くしており(猫にとって、腎臓を悪くする、というのは、極めてよくある症例で有り、またかつとてもクルーシャルなものなのだ)、入院したときにはもはや手遅れだった。夏場に一度全くご飯を食べなくなったときが有り、かなり危険を感じたが、その時は奇跡的とも言える回復を見せ、がつがつとご飯を食べるようになった。だが、今回はそうはいかず、全く何も食べられなくなってしまった。最終的には5キロ近かった体重が、3キロ程度にまで激減して最期を迎えることになってしまい、苦しかったことは想像にあまりある。もう少し早く病院で検査していれば、あるいは、夏の段階で、腎臓病対策の食事に切り替えていれば、と思えて仕方ないが、夏の段階では腎臓の数値も極めて正常であったことを思えば、仕方なかったか、とも思う。ただ、今の世の中を考えると、14歳というのは決して高齢ではない。2年前になくなった桜同様、あと5年は生きていて欲しかった。。。家に帰ってもルリさんがごろごろとしていないのは、とても寂しいものなのである。

それ以外にも実は立て続けに色々な出来事が起こった。当ブログの更新が大いに滞っていたのはそのためである。今後もまた時間のあるときに更新したいと思うが、少なくとも、留学中から続いていたこの相猫シリーズは、ひとまずこれにて終幕である。どうぞ皆様、相猫ルリさんの冥福をお祈りいただきたい。


Ruri

スポンサーサイト