イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、キャンプのはじまりだ!
2012年01月31日 (火) | 編集 |
1月ももう終わりである。

そしていよいよ、野球ファンにとっては正月にあたる、2月1日がやってくる。

そう、プロ野球キャンプインである。

今年の見所は色々とあるのだが、最大のポイントは、





今年は最下位予想が難しい!





ではなくて、





巨人がコケてくれるかどうか?





であろう。

近年、巨人並の大型(節操なし)補強を繰り返していた阪神タイガースだが、今年はきわめて静かで、ほとんどなにもしていないといって良い。新人の伊藤が無駄に関西のスポーツ紙を騒がせているのは、彼の実力、というよりもむしろ、他に話題性のある選手がいないことの裏返しであろう。

必然的に、唯一といっても良いほどアホみたいな補強(村田、杉内、ホールトン、ついでに人的保証で高口まで(笑))を繰り返した巨人に、否が応でもその注目と批判の矛先は集まる。

果たして巨人と原監督は、他の11球団のファンと球団関係者の期待に応えて、大コケを披露してくれるのだろうか?それとも、特に何事もなく勝ってしまい、何の感動もないのだろうか?

全てはこの秋、明らかになる(冗談ではない)。


なお、個人的に注目しているのは、やはり横浜である。
チームの親会社が変わり、監督も替わった。
チームが変化するのには、絶好のタイミングだ。というか、ここで最下位を脱出できないようなら、一生最下位である。中畑という監督は、発言だけを見ているとおちゃらけたアホなキャラで、実際そうなのだが、これまでの経歴と、アテネ五輪での采配を見る限り、野球に関してはかなり「保守的」と見える。言い換えるならば、奇想天外な策を打つタイプではなく、昔ながらの、「1番打者が塁に出たら2番が送って3、4番で返す」「野球は守りから」という正攻法だ。正攻法が成功するかどうかは(これまた冗談ではない)、どれだけ戦力がそろっているか、にかかっていると言って良い。落合も実際は正攻法の監督だったが、中日という、地盤のしっかりした球団だった(この場合の地盤というのは、戦力という意味)のと、ナゴヤドームという、正攻法の野球をやるのにきわめて適切な球場を有していたことが大きくプラスに作用し、素晴らしい成績を残した。
現状、とても戦力に満ちているとは思えない横浜が、正攻法監督の元で浮上するには、ラミレスを代表とする新戦力もそうだが、伸び悩みまくっている既存の選手たちが、ムードの変化によって良い化学反応を得られるかどうかにかかっているだろう。

さて、どうなるか。
完全に他人事ゆえに、かえって興味は尽きない。


PS:タイトルの元ネタが分かった人はすばらしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。