イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凡采のゆくえは
2011年10月29日 (土) | 編集 |
納得がいかない。やはり納得がいかない。


北海道日本ハムファイターズの梨田監督の采配だ。

今日、今年のクライマックスシリーズが始まり、北海道では今年のパリーグ2位の日本ハムと、3位の西武が激突した。
先発はダルビッシュー涌井、という両エース。

試合はいきなり動く。初回、涌井を捉えたハム打線はあっという間に2点を先制する。
対するダルビッシュは先頭の栗山に対して2ボールノーストライクと、「おや?」と首を傾げさせたものの、その栗山をフルカウントからサードゴロに打ち取ると、スイスイとランナーを出さないピッチング。ハム打線も涌井と、さらに継投に入った西武のリリーフ陣を崩せなかったものの、ダルビッシュの状態からして、これは日本ハムの勝ちが堅いと思われた。

ところが、7回にダルビッシュが乱れ、西武が1点を取って1点差に迫ったところで事態は暗転する。

8回、遠目に映ったマウンドを見て、私は「あっ」と思った。なぜなら、そこにいるはずの、エースダルビッシュがいなかったのだ。マウンドには変わって、セットアッパーの増井が立っていた。

監督としては、7回にダルビッシュが打たれたこともあり、8回以降は絶大な信頼を置くリリーフ陣を投入して勝ちきる、と考えたのだろう。

今年の増井の活躍にはケチのつけようがない。抑えの武田久へとつなぐ役割をきっちりとこなし、60試合以上に登板して防御率は1点台。まさに理想的なセットアッパーである。監督の信頼が厚いのも頷ける。

しかし、しかしである。絶対的なエースに対する信頼は、このリリーフ陣への信頼を下回るものなのだろうか?ましてや、クライマックスシリーズのファーストステージは、2勝した方が勝ちであり、初戦は単なる最初の試合ではなく、王手をかけるための試合である。そのきわめて重要な試合において、誰もが認めるエースへの信頼ではなく、リリーフ陣への信頼を選んだというのはどうだろうか?

しかも、ダルビッシュは今季最終戦、西武相手に投げるチャンスがあったものの、疲労回復とCSへの調整を目的として、登板を回避している(その結果、日本ハムは予想通り敗北し、オリックスが負けたこともあり、西武が3位に滑り込んだ)。つまり、この試合のためにここ10日ほど準備していたわけであり、なおのこと、彼と心中する手はなかったのかと思わずにはいられない。実際、ダルビッシュが最後になげた101球目の球は、ど真ん中の150キロだったが、ストレートに強い若手の浅村を完璧に差し込んだ空振り三振に押さえ込んでおり、まだまだ西武打線を力で抑えられる状態だった。少なくとも、同点までは投げさせるべきではなかったのか。

試合は予想通り、ダルビッシュの降板後乱れた。増井は抑えたもののピンチを作り、かろうじて抑えたという印象。明らかに流れは西武に来ていた。9回には武田久から若い浅村が絶妙の右打ちで同点とし、11回、フェルナンデスが外角の難しい球を引っ張らず、センターに運んで勝負を決めた。

結局梨田監督は短期決戦で一番大切なことを忘れていた。
短期決戦とは、流れ、勢いがすべてである。シーズン中にどれだけ活躍したか、などということは一切関係ない。この短い期間にどれだけの成績を収められるか、が重要なのだ。しかし、監督は試合の流れではなく、シーズン中の形にこだわってしまった。結果がこのざまである。夜の試合、ヤクルトの小川監督は素晴らしいリリーフを見せるサウスポー村中を9回も続投させ、1点差になったところで本来の抑えイムチャンヨンを投入するという、シーズン中は見せなかったような采配を見せ、勝利をもぎ取った。少なくとも今日の試合に関しては、両2位チームの監督の采配には雲泥の差があった、と言わざるを得ない。

日本ハムは勝てたはずの試合を、梨田監督の凡采で落としてしまった。
ハムがこのCSを勝ち抜くには、明日の試合、流れを変えるような素晴らしい勝ち方をするしかないが、さて、今の打線の状態でそれができるかな?


追記:
スポーツ新聞によると、ダルビッシュの交代は、ファイナルステージに進んだ場合、中4日で初戦に投げることになるから、とのことだったが、これはますます典型的な凡采というよりほかはない。今を勝たねば、次のステージなど、存在しないのだから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。