イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中継ぎローテーション
2011年05月31日 (火) | 編集 |
なんかしんどい。


私の偽らざる状態である。


具体的には、耳が痛い。

いや、耳が痛いと言っても、別に食堂で昼食中に周りの人の話を何気なく聞いていたら自分の情けない過去のことを思い出させられていたたまれなくなった、とか、そういうことではない。
(注:なお、妙にリアルな述懐であるが、実際はそういうことはなかったので、その旨ここに明記しておく。今日食堂で聞いたのは、とあるゲームのシステムの話だった。何のゲームかわからず、しかし妙に気になったので、職場に戻ってから漏れ聞いたキーワードを元に検索をかけたところ、「ラジアータストーリーズ」という超凡作RPGだった。うーむ、これはさすがにやってない。そもそも、玉置成実が歌を歌っているということと、攻略本が無駄にむちゃくちゃ分厚い、ということしか覚えていない、)


長い注を入れてしまったが、そういう比喩的な意味ではなくて、文字通り、物理的に耳が痛いのだ。

今まで似たような症状に何度も陥っているためにわかるのだが、これはおそらく、体調がいまいちで内部のどこかが腫れてしまい、それが神経を圧迫して痛くなっているのだろう。まあ確かに、先週は学会の後に授業という具合で、精神的にも肉体的にも休む間のない一週間だった。そして今週末も学会や観光案内などで予定が埋まっており、どうやら休みになりそうもない。そういう状態なので、精神的肉体的に体に疲労が溜まっていても全く不思議ではないだろう。

これまでこのブログを見てきた方なら誰でもわかっていることであるが、私は自分の体力を全く過信していない。ともかく無理の利かない人間だと自負しているし(自負するところかどうかはさておき)、できることなら権藤元横浜ベイスターズ監督の采配のような、中継ぎローテーションを組んで連投させることなく休み休み戦いたい、と思うような人間である(あれ以降同じようなことをできる人はいなくなったなあ。。。)

とはいえ、そうもいかないのが現在の世の中。
とりあえず、まあ無理をしない程度に頑張るとしよう。


ちなみに現在は帰りの電車。
これから乗り換えを含めて1時間ほどの電車旅である。車内は節電の影響なのか、はたまた気温があまり高くないせいなのか、エアコンがほとんど入っていない。しかしこの時期の車内は、はっきり言って殺人的というくらい蒸し暑い。
それで思い出したが、節電節電というのはよいし、ある程度それは理解するのだが、本格的な猛暑になって、節電意識の結果、エアコンを入れなかったお年寄りがお亡くなりになったりしたら、マスメディアはどう反応するのだろうか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。