イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミコーバー2時間クッキング
2010年05月30日 (日) | 編集 |
ご無沙汰しております、近視読者ミコーバーです。
一週間ぶりですが皆様、いかがお過ごしでしょうか?


さて、ブログ更新を1週間に1度にして、初めての更新である(前回更新は、頻度変更の翌日だったので、実質的に毎日更新しているのと変わらなかった。よって、実質的には今回が初更新である)。

更新頻度を減らして、お陰さまで相当楽をさせていただいている。これまで毎晩、「今日何書いたらいいだろうか」と夜の9時頃になると頭をなやませていたのだが、そういう心配なく、日々生活出来ている。そのかわりにTwitterの方ではつぶやきまくっているのはご愛嬌。


それでは、一週間分の穴を埋めるべく、この一週間の動きを、何故か料理を中心に(?)まとめてみるとしよう。
ちなみにタイトルに2時間とあるのは、どういうわけか、夜キッチンに行って、そこにプックやプンがいると、気づいたらキッチンで2時間もの時間を費やしている、ということが非常に多いためである。



・5月23日日曜日
 一日中部屋にいた日。必然的に、もしこの日もブログを書かないといけなかったら、きっと苦労しただろうなあと思わされる一日だった。唯一の収穫は、実は海外からでも場合によっては巨人戦とかが見る方法がある、というのが分かったことである。もっとも私が見たかったのは巨人戦ではなく、その対戦相手のオリックスの試合だったのだが、まあともかく、便利な世の中になったものだ。
あと、同じような話しだが、いつもは夜に見ているのに、昼間にハガレンを見てしまった。しかも昼間にハガレンを見た後、あろうことか昼寝してしまったので、かなり勉強時間は減ってしまった。全く。。。

なお、夕食は久しぶりにインスタントの焼きそばを作ってみた。どうも日清の焼きそば、フニャッとして出来にしかならない。まあ悪くはないのだが、もう少し上手く作れたらなあ、とつくづく思う。なお、イギリスでは豚のバラ、というのを売っていないため、ベーコンで代用している。同様のことはビーフについても言えるので、肉じゃがやすき焼きが好きな人は要注意である。


・5月24日月曜日
 この日は一週間ぶりに大学へ。というのも、夕方5時から、Vivisection、つまりヴィクトリア朝における人体解剖に関する講演が行われたからだ。間違っても人体錬成ではないが、「ひとばしら」という用語を使うと、かなり似ているとも言えた。というのも、当時はCharity patient、つまり、貧乏で、無償で治療を受けているような患者が、この人体解剖の実験台にされていたというからだ。まさに「ひとばしら」。
いつもの講演と同様に、今回もワインを飲みながらの優雅な講演となった。赤と白とワインを選択出来る当たり、ほんとうにこういう所は力入っているなあ、と思わされる。二杯も飲んだらすっかり酔ってしまい、帰りの自転車がかなり危うかった(良い子は真似してはならない)。

で、面倒だったので、近くの店でフィッシュアンドチップスを買って帰った。まさにフィッシュアンドチップス専門家の何は恥ない展開である。それがこちら。


フィッシュアンドチップス20100524


暇な方は、私がよくアップしているフィッシュアンドチップスの写真と比較していただきたい。おそらく、衣が違うことが分かるだろう。こちらの方が、よりホンモノに近い衣である。ただし、私はもうひとつの方、つまり、私がよく行く店のフィッシュの方が断然好きである。なんというか、こっちの方が脂っぽい。


・5月25日火曜日
 この日は午後からロンドンへ。6時半からロンドンのフェロウシップ本部で開かれる、マイケルの講演に招かれているのである。とはいえ、わざわざロンドンへ行くのに、それだけのために出かけるのは勿体無い。何せ、往復で12.85ポンド電車賃がいるのだから、有効利用しない手はない。というわけで、まずピカデリーサーカスへ突入、例によってフォートナムメイソンに行き、スコーンやらティーやらジャムやらクロテッドクリームやらを購入した。店員さんが、この上なくイギリス人的な愛想の悪い人であったことは言うまでもない。

続いてジャパンセンターへ。移転後、初めて行ったのだが、昔より品揃えが良くなっていたような気がする。あさげが2パック買うと2ポンドだったので購入。1パックに3食入っているので、6食で2ポンドという計算だ。日本でも1つ100円以上するので、高すぎることはあるまい。

時間が近づいたので、いよいよ現場へ向かう。ラッセルスクエア駅で下車し、目的の会場を探しながら歩く。っと、杖をついた老人と、白髪の老人が道に立って話し込んでいるのを発見。よく見たらそれがマイケルだった。なんという偶然。おかげで道に迷わずに済んだ。話し込んでいたお相手はアンガス・イーソン。言わずと知れた、研究家である(問題は、ナニを書いた、あるいは編集した人か、私が全く覚えていないということだ)。

会場はなかなか古式ゆかしいところで、しかし思いのほか小さく、そのため、一人では道に迷った可能性もある。つくづく、マイケルが一緒で良かった。

講演は予想通り、笑いに満ちたものだった。アジア人は私だけかと思ったらもう一人いて、何人かと思ったが、英語を聞いて即、中国人と分かる。あのアクセントのつけ方は中国人以外にありえない。あんなに力をいれる必要はないと思うんだが。。。

講演後、7名ほどで夕食へ。予約してあるというイタリアンの店に行く。私はとりあえずチキンのフライの中にモッツァレラチーズが入ったような、そんなサムシングを注文。なかなか美味しかった。なお、ここでの食事代は自腹である。13ポンドなり。

レストランを出たのは10時30分頃。幸い、トニー・ウィリアムスが同じ方面だったので、一緒に帰る。一人だったら道に迷った可能性が高いので、本当に助かった。また、夜のロンドンは見るからにキケンがいっぱいなので、そちらの面でも助かった。

11時半パディントン初の電車に乗り込み、レディングに付いたのは夜中の12時過ぎだった。しかし駅の案内などを見ていると、1時過ぎに到着する電車もあるようで、かなり遅い時間まで、電車はあるらしい。

とはいえ、当然バスはなくなっている。仕方ないので、タクシーを利用する。寮まで7.8ポンド。9ポンド渡したらかなり喜んでいた。いまどきチップをくれる東洋人はあまりいないのだろう。多いとは思ったが、まあ夜も遅いし、構うまい。

部屋に戻り、シャワーを浴びて、寝る。シベル、ヴァッリャ、そしてマークと、現在寮のメンバーが3人帰国しているので、普段は少し静かで寂しいのだが、こういう時は、夜遅くにがたごと音を出しても迷惑をかける人が少ないので助かる。


・5月26日水曜日
 まだしんどさが残る状態ながら、この日はニコラとの面談日。昼前に寮を出る。自転車で行くつもりだったが、プックが「一緒に行こう!」と言ってきたので歩いていく。Tシャツにジャケット、という服装で、全く寒さを感じない。本当に、イギリスも季節が変わって来たらしい。

ニコラとの面談は1時間以上にも及んだが、なかなか有意義だった。こちらの先生方と話した後は、いつもなんか凄いものが書けるような、そんな気にさせられる。そこは素晴らしいところだと思う。この辺は、K大とは違うかも知れない(笑)。

体がしんどかったので早めに寮に帰り、昼寝する。2時間ほど寝てしまったので、やはり疲れていたのだろう。昼寝後、夕食を作りにキッチンへ。
金曜日に買出しに行こうと心に決めたので、それなら、と、冷蔵庫の中の野菜を全て使ってカレーを作る。二種類のカレー粉をブレンドしたところ、これがまた、非常に美味しく出来た。


20100526


カレーを食べるのはかなり久しぶりだったのだが、久しぶりのカレーはかなり美味しかった。少し少なめに作った、というのも良かったのかも知れない。見た目が多すぎると、飽きも早いのである。


・5月27日木曜日
 金曜日に買出しに行くことを決めたので、この日はとりあえず論文のメドをつけることを優先した。一応朝のうちにちょろちょろと書いて、オリヴァーの章は完成。これで6800ワード程になる。もっとも、全然このままではいけないので、カットアンドリライトが必須となるだろう。

夕食は、カレーが残っていたのでカレー。それだけでは健康に悪いかも知れないので、残っていたきゅうりを使って(流石にカレーにきゅうりは入れられない)、生野菜サラダを作って食べる。


・5月28日金曜日
 買出しの日。12時頃に寮を出る。まずはタウンセンターで昼食を。ところがどこも一杯でなかなか入れない。平日だというのにこの込み具合はどうしたものか。なんとかマクドナルドに入ってビッグマックセットを注文。面白いもので、料理を手にいれた頃にはそれなりに席も空いていた。タイミングが良かったのかも知れない。

いよいよショッピング開始。2ポンドのTシャツを2枚、99ペンスショップでちょっとしたものを複数個、そしてスーパーで野菜を中心に買い込んで帰る。

夕食は、それこそこの日買ったもので料理したかったが、何せまだカレーが残っていたので、カレーうどんを作る。


20100528


アジアンフードショップがあれば、うどんはたいてい売ってあるのでご心配なく。そして、日本のものではないが、おそらくレトルトカレーも売ってあるとおもう(たいてい韓国の物)。レトルトは便利なので、適宜利用することをオススメする。


・5月29日土曜日
 で、今日。朝からネットでオリックス戦を見るが、これがひどい試合。勝ち試合で投げる投手3人以外の中継ぎのレベルが低いことを改めて実感させられた。ともかくもう一人、使えるピッチャーを作らなければ話にならない。加藤大輔に早く帰ってきてもらわなくては。

今日は主に、来週の金曜日のプレゼンテーション用の原稿を作ることに費やした。時間は5分。現在の原稿で練習したところ、4分30秒ほどだったので、なかなか良い具合。5分と言っても誰も時間は測らないので(そんな細かくない)、たぶんあとは細部を煮詰めれば問題あるまい。

夜はトマトポテトグラタンを作る。よく分からないと思うが、要はラザニアのポテト版とでも思っていただければ良い。ラザニアに比べてかなりヘルシーである。


20100529


なかなかであろう。
ところで、フィッシュアンドチップス評論家であるとともに、とろけるチーズ評論家でもある(何やってんの?)ミコーバーから一言。とろけるチーズは、やはりGrated Cheddarが良い。今回私はモッツァレラチーズを使って、見た目はそれなりに良いのだが、実際にチーズをフォークで触ってみると、明らかにチェダーの方が美味しそうに出来上がる。なんというか、チェダーがしっかりしているのと比べて、モッツァレラはボソボソとしているのだ。チーズも複数種類売られているので、ご参考まで。もっとも、これは完全に好みの問題でもある。

夕食後、いつものように胃薬を飲み、プレゼンの練習をして、あ、ブログ書かにゃあ、と思い、今に至る、そんな感じである。


一週間ぶりにブログを書いて思ったのは、


「あー、これを毎日やるの、大変だなあ(苦笑)」


ということ。われながら良く頑張っていたものである。いや、今でも頑張りたいところなのだが、それほどイベントフルな毎日を送っていないので、ネタに困る。

とりあえず今週は月曜火曜とコースメイトのケイトの家(オックスフォード)に行くので、次回更新の時にも何か、各ネタがあるだろう。

それでは皆様、また来週、お会いしましょう。




さよなら、さよなら、、(ここでワンテンポ)、、さよなら。













っと、最後にもう一つ。


omakeルリさん


我が家のアイドルである。写真は私が出発前、それこそ前々日くらいに撮影したもの。最近もスカイプで度々姿を見ているが、はっきり言って、全く変わっていない(大笑)。最近はスカイプで挨拶しながら、

私「ご無沙汰しています、ルリさん」
ル「ん?あれ誰?」

という自虐ネタが流行っている(って、流行らせるな)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。