イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
ネタと時間が無いとき、ブログの記事をどうしたら良いのか
2010年01月31日 (日) | 編集 |
書かなかったら良いんじゃない、というナイスアイディアは却下。

とりあえず、今日の一日を振り返って見る。


8時50分に起床。ナンとヨーグルト、コーヒーで朝食をとる。
その後、エッセイの作業にとりかかるが、あまりうまく進まない。実家から、プリンターとの接続状況が悪い、と相談を持ちかけられるが、そんなこと言われたって遠くにいる私には状況が全く分からないのでどうしようもない。結局未だにうまく行っていないようだ。


エッセイを書いていたら12時を回ったので昼食をとる。昼食はスコーンとシリアル。キッチンに行ったらやけに火とが多かった。どうやらヴァッリャがパーティーみたいなものを開いているようだ。

午後からはエッセイの続き。
といきたいところだったが、どうも眠くなってきた。少し前から、どこかが悪い、というわけではないのだが、体調が優れない。東洋医学でいうところの、未病と言うやつなのだろうか(註:それは薬用養命酒のCM)。仕方ないので昼寝をしてから勉強することにする。

昼寝後、再びエッセイを書こうとするが、まだ頭がボーッとしていたのでPSPを取り出して昨日ゲームアーカイブスで購入した「アインハンダー」をプレイする。案の定ハマってしまい、これで1時間も費やす(しかもGame Over)。
しかしこれ、相当面白いよ。まあプレイしたことあるのは身近なところだとiだけだろうけど。


流石にそろそろエッセイを書き上げねば、と思い、書き始める。
となれば良かったのだが、先に夕食の準備をと思い、キッチンで玉ねぎを炒める。今日はハンバーグを作るつもりだったので、先に玉ねぎを炒めてあら熱をとる必要があったのだ。

玉ねぎを炒め終わったところでようやくエッセイ再開。なんとかビブリオなども見直して、第二版のコピーにこぎつけることができた。

コピーできたところで夕食へ。予定通りハンバーグを作り、この前から食べ続けていた鍋に野菜を補充して、これをサラダ代わりに食べる。どちらもそれなりに美味しかった。

夕食後、エッセイの見直しへ。問題だらけのはずなのに、不思議なことに凄く上手く書けているような気がして困る。これから色々書きなおさないと行けないのに、、、


その後、遅くなるとお湯が極端に冷たくなるので、11時過ぎにシャワーを浴び、後はゆったり。で、今に至る。
そんなとりたててどうと言うこともない一日。


そうそう、最近コメントへの返信が遅くなっていて申し訳ない。
時間がある用で意外となく、つい後手後手に回ってしまっている次第。明日にでもまとめて変身します。申し訳ない。どうぞ皆様、呆れずに今後もよろしくお願いします。
スポンサーサイト