イギリスのR大学に留学していた近視読者ことミコーバーの日々の生活を描いたブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには野球の話を
2009年10月31日 (土) | 編集 |
昨日は簡単な記事を書いてしまったが、それを書いてから、昨日が日本のプロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)だったことを思い出した。きっちり事情はフォローしていたのだが、それについて日記を書こう、と思っていたのに、そう思っていた、ということを忘れていた(ややこしいな)。というわけで、1日遅れで、かつ現在の研究室の陣容を考えると全く需要のなさそうなネタだが、たまにはお付き合いください。


今回のドラフトは、言うまでもなく花巻東高校の超高校級(とされる)サウスポー菊池雄星投手に何球団が競合するか、というところが良くも悪くも注目されるドラフトとなった。以下、いくつか気になった点をピックアップ。

・菊池に6球団が競合。くじ引きの末、西武が交渉権獲得。
 結局、最大で10球団(広島、巨人以外)と言われていたが、まず意味の分からない独自路線を行く横浜が、明らかに投手が足らないのに地元の野手だからと言うだけの理由で横浜高校の筒香を、多分避けるだろうなあと思っていたオリックスが古川を、ソフトバンクが地元の今宮を、そしてロッテが想定外の荻野指名、ということで、結局6球団が競合。行き詰るくじ引きの結果、いの一番にくじをひいた渡辺監督がガッツポーズ.見事、西武が交渉権を獲得する運びとなった。
 正直、菊池にとっては最高の球団だと思う。というのは、今回入札してきた球団の中で、西武ほどファーム組織がしっかりしており、育成の上手い球団はないからだ。松坂、涌井の例を出すまでもなく、高卒上位で取った高レベルの投手をさらにレベルアップさせるのは巧み。また、野手に目を転じても、打線の上位を打つ栗山、中島、中村がそろって高卒の生え抜きという、他球団では考えられない育成力を見せてくれている。聞くところでは、日本一の投手になることをまず目標とするそうだが、その目標を果たす上では、ベストの球団になったと思う。少なくともお隣の(というのは、私がファンであるオリックスから見て、という意味)某球団でなくて良かった。なにせあそこの場合、高卒でものになっている投手は、藤川しか思いあたらないのだから。

・菊池のメジャー願望について。
 こちらにも一言述べておく。私ははっきり言って昨年の田澤のような形でメジャー挑戦という名前の暴挙を働くのはキライなのだが、今回は菊池君が断念してくれてほっとしている。これは何も、球界のため、とかそういうことを言っているのではなく、彼本人のためにもそれでよかったからだ。個人的な意見だが、現段階で、彼がメジャーに挑戦して、成功する可能性はゼロに等しい。もちろん、彼だって今すぐメジャーでバリバリに、というつもりはないだろう。何年か下で体を作って、その上でメジャーで、と思っていたことと思う。しかし、それにしても、私の考えでは、彼には大切な「あるもの」が欠けており、現状のメジャー挑戦は無謀以外の何者とも思えなかった。「あるもの」、それは「体」である。
 彼は今年の夏の甲子園での優勝を目指しながら、途中で華々しく敗れ去ることになってしまった。しかも、彼はあまり投げることが出来なかった。何故か?聞くところでは、地方大会の段階から、腰を痛めていたらしい。もうこの時点で無理である。プロの選手に一番必要なのは、凄い球を投げる能力でも、足の速さでも、天性の長打力でもなんでもない。もちろん、こういったものがないと活躍できないが、それ以前に、「怪我をしない体」というのがもっとも必要になる。メジャーで活躍している、と言える唯一の選手であるイチローを見れば、これは火を見るよりも明らかだろう。今年こそ、出だしに胃潰瘍でDL入りし、200本を目前にした段階でもDL入りしてしまったが、基本的にずっと選手生命にかかわるような、そんな大きな怪我をしていない。これはオリックス時代もそうだった。後年こそ怪我で戦列を離れることがあったが、日本で7年連続首位打者を取った、という事実が示すように、それだけの期間、規定打席以上立つことが出来る体を持っていた(作っていた)のである(ついでに言うなら、その前の2年間も、ファームでは3割5分以上を打っていた)。
 松坂でも、松井でもそうである。大きな怪我をしないからこそ、あれだけの成績を日本で残し、そして大型契約でメジャーに行けたのだ。今年、松坂が大きな怪我をしたために(というか調整不足か)、スカみたいな成績しか残せなかったのは、怪我をしない体がいかに大切かと言うことを示す好例といえるだろう。
 私の意見に過ぎないが、菊池君の場合、夏の甲子園という段階で既に腰を痛めてしまい、それで目標としていた優勝がかなわなかった、というその時点で、もうメジャーは無理なのである。向こうで体作りからやったら良いじゃん、という人がいるかもしれないが、そういう人は、異国の地で一人で戦うことがどんなに大変か、よく分かっていない(レベルこそ違うが、私はまさに今実感している。)またアメリカでは下部組織も含めて5000人もの選手がプレーしている、と言う事実を忘れてはならない。大型契約を結べば、周りの選手には多少の(かなりの)やっかみもある。下に行けば行くほど、環境は劣悪であり、体作りすら大変だ。
まず日本で「体」を作り直して、その上で挑戦できるだけのスタートラインに立つことが必要だろう。そして繰り返しになるが、そのことを考える上でも、西武入団と言うのは最良の結果だと思う。

・古川とは懐かしい
 オリックスのお話。岡田監督がやたらと菊池、菊池と言っていたので、これは回避するだろうなあと思っていたが、予想通り回避してきた。ただ、新聞紙上で挙がっていたトヨタ自動車の中澤ではなく、日本文理大の古川を指名したのは多少驚きだった(本人もびっくりしたみたいだが)。もっとも、中澤は知らないが、古川は2005年の甲子園で見ているので、なじみがある。その時点でかなり良い球を投げていたし、また好感の持てるタイプだっただけに、指名自体はなかなか喜ばしい。ぜひとも一年目から頑張って欲しいところである。95、96年の野村のようになってくれれば理想的だ。

・これで東大と京大がそろったな
 横浜が異色の選手を獲得した。なんと京都大学大学院生だと言うのである。ひょっとしたら、私も構内で見かけていたかもしれない。隠し球、といったところか(事前に漏れてたけど)。周知のように、既に横浜には東大最高の逸材と言われた松家という投手がおり、これで東大と京大という、日本の二大大学出身の投手がそろったことになる。来期の横浜では、前代未聞の東大-京大のリレーが実現するかもしれない。ただし、あえて述べておくが、そういう夢のリレーが実現することになった場合、横浜は来年も最下位に沈んでいるに違いない。

長くなったのでこのくらいで

なおタイトルは、「ハウルの動く城」の主題歌、「たまには昔の話を」より。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。